さつま汁

さつま汁

全国おふくろの味レシピ第2回目は、学苑本部から「さつま汁」をご紹介致します。
さつま汁は豚汁とよく似ていますが、豚の代わりに鶏を使っている鹿児島の郷土料理です。

さつま汁

これからの季節にぴったりな身体が温まるお料理です。
ぜひ、作ってみて下さいね♪

 材料

さつま汁の材料

  • 鶏もも肉・・・150g
  • 大根・・・100g
  • さつまいも・・・2個(100g)
  • こんにゃく・・・1/2個(100g)
  • ごぼう・・・60g
  • にんじん・・・60g
  • 干ししいたけ・・・5枚
  • 油揚げ・・・1枚(80g)
  • 大豆もやし・・・60g
  • 小ねぎ・・・適量
  • 麦味噌・・・130g
  • ほんだし・・・大さじ1
  • 水・・・7カップ

作り方

手順1 【手順1】鶏肉は1.5〜2cm角に切る。 鶏肉は1.5〜2cm角に切る。
手順2 【手順2】大根、にんじんは1.5〜2cm角、5mm幅に切る。 干ししいたけはもどして輪を切り、こんにゃくは下ゆでして、ともに1.5〜2cm角、5mm幅に切る。 大根、にんじんは1.5〜2cm角、5mm幅に切る。
干ししいたけはもどして軸を切り、こんにゃくは下ゆでして、ともに1.5〜2cm角、5mm幅に切る。
手順3 【手順3】さつまいもは5mm幅の半月切り、ごぼうは5mm幅の輪切りにする。 さつまいもは5mm幅の半月切り、ごぼうは5mm幅の輪切りにする。
手順4 【手順4】油揚げは湯抜きして、1.5cm角に切り、もやしは2cmの長さに切る。 油揚げは湯抜きをして、1.5cm角に切り、もやしは2cmの長さに切る。
手順5 【手順5-1]】鍋に水、干ししいたけのもどし液、ほんだし、2の大根、にんじん、しいたけ、こんにゃく、3のさつま芋、ごぼうを入れる。 鍋に水、干ししいたけのもどし液、手順2の材料(ほんだし、大根、にんじん、しいたけ、こんにゃく)、手順3の材料(さつま芋、ごぼう)を入れる。
【手順5-2】沸騰したら、1の鶏肉に加え、弱火で20分ほど野菜が柔らかくなるまで煮て、4の油揚げ、もやしを加える。 沸騰したら、手順1の鶏肉に加え、弱火で20分ほど野菜が柔らかくなるまで煮て、手順4の油揚げ、もやしを加える。
手順6 【手順6】5の煮汁少々で麦みそを溶き、鍋に加え入れ、一煮立ちしてから火を止める。 煮汁少々で麦みそを溶き、鍋に加え入れ、一煮立ちしてから火を止める。
手順7 【手順7】器によそい、小口切りにした小ねぎを散らす。 器によそい、小口切りにした小ねぎを散らす。

The following two tabs change content below.
前結び宗家きの和装学苑
当ウェブサイトの管理者です。 前結び宗家きの和装学苑は、カンタン・便利な「前結び」着装法を考案し、結心道や帯舞などユニークなオリジナル技術や和装用品の開発などを通じて、日本の大切な文化である「きもの」を広めている着付け教室です。