きもの着付け・帯結びのことなら何でも、簡単、きれいな前結びの着付教室で!

前結び宗家 きの和装学苑

学苑へのお問い合わせ 0120-889-108 メールフォームからお問い合わせ

きもの着付け・帯結びなら簡単・きれいな前結びの着付教室

前結び宗家 きの和装学苑

着付け・帯結び 着物のアレコレ教えます

vol.1

きものの着方

きものの着方は簡単です。
年齢や着ていく場所、好みによって着方も変わりますが、まずは基本を身につけましょう。

腰ベルト(長さは両腰骨の寸法の3倍)、コーリンベルト、帯板若竹とクリップ2本を準備しておきます。

1

背中心を確認し、すそは床すれすれの長さにします。

2

【2】 上前は衽線が右足の足袋の線の位置にくるように決めます。(両足はこぶし一つ分開けておきます。

上前は衽線が右足の足袋の線の位置にくるように決めます。(両足はこぶし一つ分開けておきます。

3

【3】 決めた巾をずらさないようにして、下前を左脇に入れ込み肘で押さえておきます。

決めた巾をずらさないようにして、下前を左脇に入れ込み肘で押さえておきます。

4

【4】 上前を重ねます。腰部分を右手でおさえ、左手で腰ベルトを回し、後ろで交差して前でとめます。

上前を重ねます。腰部分を右手でおさえ、左手で腰ベルトを回し、後ろで交差して前でとめます。

5

身八つ口から両手を入れ、おはしょりを整えます。

6

【6】 背中心の確認をして、きものにコーリンベルトをします。

背中心の確認をして、きものにコーリンベルトをします。

7

【7】 背中心と衿元のしわ取りをして、胸のカラーテープ(大)を胸にとめます。帯板とクリップをつけます。

背中心と衿元のしわ取りをして、胸のカラーテープ(大)を胸にとめます。帯板とクリップをつけます。

8

【8】 長襦袢にとめたすそ止めテープをはずし、きものの下前にとめかえます。

長襦袢にとめたすそ止めテープをはずし、きものの下前にとめかえます。

Youtubeでもきものの着方、帯結び等の動画を配信中です。

Youtube へ

 

お近くの教室へどうぞ。無料体験できます。

全国教室案内 へ

Return to Top ▲Return to Top ▲